医療法人社団 土筆会
桜丘クリニック

世田谷区千歳船橋駅から5分tel 03-5426-2292

消化器の病気についてDIGESTIVE DISEASES

その他の疾患

痔には、内痔核・外痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、肛門周囲膿瘍、痔ろう(あな痔)などいろいろな種類があります。

内痔核・外痔核(いぼ痔)

痔核は正常な人でも存在する組織ですが、腫れたり、飛び出たりしたものが「いぼ痔」になります。

症状
出血、掻痒感などですが、ときに痛みを伴います。

治療
軟膏や座薬など外用薬で治療しますが、便秘や排便時のいきみが悪化の原因ですので、緩下剤などを使用して便通を整えるのが重要です。症状がひどい場合は手術治療が必要です。

裂肛(切れ痔)

硬い便をするときに肛門が切れてしまったものです。

症状
排便時あるいは排便後の激しい痛みと出血です。一過性のものはすぐ直りますが、慢性になると潰瘍を形成し難治です。

治療
痔核と同様の治療を行いますが、慢性のものは手術治療を選択します。

肛門周囲膿瘍

肛門の内側から周囲に菌が入り込み感染し、膿をもったものを肛門周囲膿瘍といいます。

症状
痛み、発熱などです。

治療
早めに治療することが肝心で、膿が貯まった部分(膿瘍)を切開し膿を出す治療を行います。

痔ろう(あな痔)

肛門周囲膿瘍が治った後、肛門と皮膚の間に管状の瘻孔と呼ばれるものができたのが「あな痔」です。

症状
痛くないのに下着が汚れる・血膿が付く、などです。

治療
自然治癒することはなく、手術治療が必要です。