このページでは、Javascriptを使用しています

診療内容のご案内


胃カメラによる検査


苦しくない・オエッとならない胃カメラでの検査

クリニックでは患者さんのご希望により麻酔を用いる「苦しくない」「オエッとならない」2種類の胃カメラ検査(胃内視鏡検査)をおこなっています。

桜丘クリニックでは胃カメラ(胃内視鏡)を2種類用意しています。

内視鏡は、鼻から挿入する経鼻内視鏡と従来通り口から挿入する経口内視鏡があります。


鼻からの胃カメラ〜経鼻内視鏡とは?


経鼻内視鏡は楽に検査を受けられるという印象があるため、検査後には患者さんの約70%以上が『次回も経鼻内視鏡で検査を受けたいと思う』というデータもあります。

経鼻内視鏡は鼻から挿入できる直径5mmほどの細い内視鏡(胃カメラ)。
普通の胃カメラと観察できる範囲は全く一緒です。
この直径5mmほどの内視鏡が物理的に通らない場合以外は、どのような患者さんも経鼻内視鏡が可能です。


経鼻内視鏡のメリット

  • カメラが細いので喉が痛くない。
  • 「おえっ」とならない。
  • 口がふさがれないので恐怖感が薄らぎ、話すことができるので安心感がある。

経経鼻内視鏡のデメリット

  • 鼻が擦れるので、鼻に圧迫感や痛みを感じたり、鼻血が出たりすることがある。
  • 鎮静剤(全身麻酔)を使わないので、意識がはっきりした状態で検査を受けなければならない(眠りたい人には不向き)。
  • カメラが細い分、通常の胃内視鏡より(カメラの)画質が劣るので、検査に時間がかかる場合がある。

また、今まで胃カメラを経験したことのない方は、この細いカメラでも苦痛に感じる部分はあるかもしれません。


口からの胃カメラ〜経口内視鏡とは?


通常の太さの胃カメラ(直径9.0mm)は、のどの粘膜麻酔に加え、全身麻酔(鎮静剤)を投与することで、眠ったまま検査を受けることが可能です。
もちろん全身麻酔を使いたくない方には、局所麻酔(のどの麻酔)のみで対応します。


検査について


検査を受ける前に!


前夜の夕食は夜9〜10時くらいまでに摂ってください。
当日の朝は食べないようにします。高血圧の薬などは少量の水で内服した方が良いでしょう。


検査当日


まず外来診察時に問診を行い、検査の説明を行います。
次に、感染症(B型肝炎、C型肝炎、梅毒)の血液検査を行います。

  • 血液を固まりにくくする薬を内服中の方は申し出てください(内服継続したまま検査を受けられますと、出血の原因になります)。
  • ピロリ菌の検査を受けたい場合は、医師に相談してください。

当日は、検査前に体を締め付けるものはできるだけ外し、リラックスしてください。

上着は脱ぎ、眼鏡や入歯を外し、ベルトは緩めてください。


検査開始


  1. 胃をきれいにする薬を最初に飲みます。
  2. 次に、内視鏡を飲み込みやすくするために、のどの奥(経鼻の場合は鼻の中)を麻酔します。
  3. 続いて肩に胃の緊張を取る注射を打ちます。
    ※鎮静剤による全身麻酔を使う場合は、ここで血管注射を行います。
  4. ベッドに横になって検査を受けます。

検査終了


検査終了後、鎮静剤を使用した方は薬の効果が切れるまで、回復室のベッドで横になりで十分休んでいただきます。
鎮静剤を使用しなかった方も、休憩することができますので申し出てください。


お疲れさまでした

最後に診察室で、カメラの写真を見ながら結果をご説明します。
ピロリ菌の検査をされた方はその場で結果が分かります。
組織検査をした方は約1週間後に結果が出ますので、もう一度来院して説明を受けてください。


消化器の病気Q&A

医療法人社団 土筆会 桜丘クリニック

クリニック住所
〒156-0054
東京都世田谷区桜丘5−17−4
直井ビル1F
Tel. 03-5426-2292


開院時間
(診療受付は開院時間の15分前)
【平日】
午前9:30〜12:30
午後2:30〜7:00(水曜2:30〜5:30)

【土曜日】(3・5週土曜は休診)
午前9:30〜12:30
午後2:00〜5:00


休診日
日曜・祝日