このページでは、Javascriptを使用しています

インフォメーション

消化器の病気のQ&A

[逆流性食道炎(胃食道逆流症)について]

逆流性食道炎(胃食道逆流症)とは?


食道と胃の境目を締めつける筋肉が緩むと、胃液が食道へ逆流して、胸焼けなどの症状が起こることがあります。

逆流した胃液に含まれる胃酸によって、食道の粘膜に炎症が起こり傷がついている場合には「逆流性食道炎」と呼ばれます。ところが、最近、胸焼けなどの症状はあっても、食道の粘膜に傷がない患者さんも多いことがわかってきました。そのため、食道の粘膜に傷があるかないかにかかわらず、胃液の逆流によって胸焼けなどの症状が起きている状態をまとめて、最近では「胃食道逆流症」ととらえるようになってきました。



消化器の病気Q&A

医療法人社団 土筆会 桜丘クリニック

クリニック住所
〒156-0054
東京都世田谷区桜丘5−17−4
直井ビル1F
Tel. 03-5426-2292


開院時間
(診療受付は開院時間の15分前)
【平日】
午前9:30〜12:30
午後2:30〜7:00(水曜2:30〜5:30)

【土曜日】
午前9:00〜13:00


休診日
日曜・祝日