このページでは、Javascriptを使用しています

インフォメーション

消化器の病気のQ&A

[胃・十二指腸潰瘍とは?どんな病気ですか?]

ピロリ菌に感染するとどのようになるのか?


ピロリ菌に感染した人のすべてが胃潰瘍や十二指腸潰瘍になるわけではありません。ピロリ菌に感染するとまず、慢性胃炎となり、その中の一部が進行して慢性胃潰瘍や十二指腸潰瘍になります。日本の中高年の人の70〜80%の人がピロリ菌に感染しているといわれていますが、そのなかで慢性胃潰瘍にまで進行するのは約2〜3%、胃がんになるのは0.5%程度と言われています。また、ピロリ菌に感染してから胃潰瘍、十二指腸潰瘍を発症するまでには、長い年月がかかると考えられます。

ピロリ菌は、まだよくわかっていませんが、口から胃の中に感染するのだろうと言われています。ピロリ菌に感染すると、むかつきや胃の不快感、軽い上腹部痛などが起こりますが、1週間ほどで治まり、その後は何の症状もないので、気づかない場合がほとんどです。



消化器の病気Q&A

医療法人社団 土筆会 桜丘クリニック

クリニック住所
〒156-0054
東京都世田谷区桜丘5−17−4
直井ビル1F
Tel. 03-5426-2292


開院時間
(診療受付は開院時間の15分前)
【平日】
午前9:30〜12:30
午後2:30〜7:00(水曜2:30〜5:30)

【土曜日】(3・5週土曜は休診)
午前9:30〜12:30
午後2:00〜5:00


休診日
日曜・祝日