このページでは、Javascriptを使用しています

インフォメーション

消化器の病気のQ&A

[胃がんについて]

手術後の生活は・・・


胃がんの手術をして、胃が小さくなると、食べ物が急に小腸へ落ちるため、冷や汗やめまいなどの「ダンピング」と呼ばれる症状が起きる場合があります。神経も一緒に切除されるために下痢を起こしやすくなります。
そのため、退院した後は、食事のとり方に注意が必要です。
手術により胃が小さくなり、体力もおちているので、少量で栄養のあるものを摂取し、体力の回復を促すことが重要です。脂肪やたんぱく質を含む肉や魚の摂取を心掛け、少量ずつ、回数を分けて食事をすることをお勧めしています。
また、定期的に検査を受け、がん再発防止と体力の回復に努めます。


胃がんについての一覧へ  Q&Aのトップへ

消化器の病気Q&A

医療法人社団 土筆会 桜丘クリニック

クリニック住所
〒156-0054
東京都世田谷区桜丘5−17−4
直井ビル1F
Tel. 03-5426-2292


開院時間
(診療受付は開院時間の15分前)
【平日】
午前9:30〜12:30
午後2:30〜7:00(水曜2:30〜5:30)

【土曜日】(3・5週土曜は休診)
午前9:30〜12:30
午後2:00〜5:00


休診日
日曜・祝日